TOPICS

ELICからお知らせ

~ELICの教員紹介⑦~

News&Topics
ELICのホームページをご覧のみなさま

こんにちは(*^▽^*)

北の大地では雪が積もり、東海地方も寒さが厳しくなってきましたね(; ・`д・´)

また、新型コロナウイルスの感染が拡大してきているようです。

手洗い・うがいをするとともに、室内の消毒・換気も気を付けましょう!

また、体調管理にも気を付けてくださいね。


さて、本日の教員紹介は、ELIC1のイケメン講師であり、企業の経営者でもある榊原先生を紹介したいと思います( *´艸`)



それではどうぞ(*^▽^*)

―半年間教師をやっていてどんな感じでしょうか?

榊原(以下:榊):面白いですよ

―それは良かったです。今まで教師の経験はありますか?

榊:大学時代、家庭教師を十数人持ってました。あと塾講師を1年ぐらいですかね。

―多いですね。先生から見てうちの学生達はどんな感じでしょうか?

榊:良いも悪いも最近の子らしいですよね。どちらかというと受け身というか、シャイな子、控えめな子が多い印象です。ハングリー精神よりも安定志向の子が多いのかな。

―なるほど。先生が教えていただいている授業はどんな授業でしょうか?

榊:簡単に言うとプログラミングです。 詳しく言うと、Web アプリを作るための PHP という言語学習になります。基礎を覚える授業というよりは、言語に慣れて触ること。それで何ができるかを知ることが中心です。何ができるかさえ知っていれば、分からないことは調べることができるので、授業ではいろいろなことをやらせているていう感じですね。

↓授業の説明を聞きながら、プログラミングを打つ学生達



↓ちゃんと打てているか机間巡視する榊原先生


あと、僕が授業でずっと言い続けてるのは、楽をしろっていうことをずっと伝えてます。どれだけ楽にプログラミングを書けるか。どれだけ仕事を効率的に終わらせることができるか。仕事で長時間プログラムを打つのが正解というわけではないので、プログラムをコピーして手直ししてプログラムが完成するなら、その方が効率的じゃないですか。そういう考え方をしなさいっていうことを伝えています。

↓教科書分厚い


↓すごく真剣



―今、プログラミングが実社会で行かされているのは何でしょう?

榊:Instagramをはじめ、SNSすべてでしょうね。

―とても多いですね。では、プログラミングができれば、就職に有利になるのでしょうか?

榊:ある一定の水準までは。IT会社に就職するのではなく、各会社のIT部門として就職する方がいいと思います。日本はここが欧米に比べて遅れている部分なんですけど、これからはIT会社としてプログラマを派遣するのではなく、会社の中に経理部門や営業部門と同じようにIT部門としてプログラマが採用されていくのではないのですか。

―なるほど。先生は会社を経営していますが、どういう学生を雇いたいと思いますか?

榊:プログラマとしては、仕事が早い人ですね。

―どうやって判断するのでしょう?

榊:Aの答えがAとすぐに返ってくる人ですね。

―なるほど。ありがとうございます。プログラマ以外ではどんな人を採用しますか?

榊:コミュニケーション能力や身だしなみとかは見ます。一次選考ではやらなかったですが、昔はその人がやっているSNSとかをチェックしてました。友達が多い人の方が、コミュニケーション能力も高いし、いろいろなことを知る機会が多いので。ただ、SNSをやっていない方が良いっていう業種もあるとは思います。

―ありがとうございます。では、話は変わりますが、先生の趣味は何でしょうか?

榊:特に持ち合わせては無いですけど、お酒を飲むのは好きですね。何でも飲みますよ。日本酒・焼酎・ワイン等など・・・今はコロナの影響で全然行けてないですけど。

―そうなんですね。今日はいろいろ聞かせていただきありがとうございました。


榊原先生、ありがとうございました(^O^)/

体験入学 イベント情報 資料請求 各種お申し込みはこちら